キジ猫世間噺大系

一人暮らしで猫を飼った男の末路

なんで猫って家の中で俺のことめっちゃ監視してくるの?市原悦子かよ

今日も僕ははてな界のご意見番xevra先生の言いつけを守り、野菜350gを大根半分をイッキ食いすることで摂取し、風呂に湯を溜めて瞑想に勤しんでいました。

大きく深呼吸をして自分の心音のみに耳を澄ます。一切のことを考えず、ただただ瞑想する。。これこそが人生を豊かにするたったひとつの方法であると氏は言う。

すると、ふと風呂の外から何者かの気配を感じました。

 

f:id:kiichangazie:20161127224225j:plain

何かが、いる・・・!!

 

f:id:kiichangazie:20161127224228j:plain

高いところから光る目二つ・・・

 

f:id:kiichangazie:20161127224235j:plain

テッテレー!!

お分かりいただけただろうか。「あらいやだ・・・」と言わんばかりのこの表情。もの言わずジッと監視してくる様はさながら「家政婦は見た」状態です。

 

f:id:kiichangazie:20161127224243j:plain

目を逸らしたら負けなのでこっちも「あぁん!?」とガンつけてやったら根負けして降りてきやがった。カネ貸してくんない?え、持ってない?ジャンプしてみろ!チャリンチャリン

 

f:id:kiichangazie:20161127224246j:plain

そんな僕をよそに猫は風呂のふたの上へ。何見てやがんだよ・・・

 

なんで監視してくるの?刈ろうとしてんの?

風呂に限らず猫はどこでもついてきて僕の行動を逐一見張ります。トイレにも一緒に入ろうとするし、二階に上がる時も必ずついてくる。人が寝てる時もジッと見てくるんですがなんで?新聞開いても乗ってくるし、なんなの?猫って気まぐれだから一人でいたい時とかないの?

で、Google先生で「猫 監視してくる」と検索かけようとしたら予測変換でいとも簡単に出てきた。どうやら猫が監視してくるのは「あなたのことをお気に入りだから観察してるんですよ」ということでした。その割に噛みついてくるんだよなぁ。。

猫のストーカー行為には、親離れできていないというのも原因にあるようです。そんでネコ科全般において、特定の一人に対してのみストーカーを行うとのことでした。愛されてるってことかー

 

猫が戦いの中で成長した

で、あまりにつきまとってくるのでドアの外に締め出してみた。獅子は我が子を千尋の谷に落とすという。今は孤独とじゃれ合いやがれ!するとどうでしょう。

f:id:kiichangazie:20161127230224p:plain

開けるんかーい!!そうまでして俺のこと監視したいんかい。いやホント、何で開けれるの?ドアの仕組み理解してるやん。。

愛は国境を越える。そんな話でした。

この前BBQに行ったらグリフィンドールに入りそうな奴ばっかで辛かった

どうも、年々初対面の人と接する時のパワーが衰えてきている三十路です。ちょうど今金曜ロードショーで「ハリー・ポッターと賢者の石」やってるんですが、組み分け帽子のシーンやってました。懐かしい。スリザリンは嫌だ、スリザリンは嫌だ。

ところでホグワーツ魔法学校には四つの寮があり、「アズカバンの囚人」までしか観てない超にわかである僕がそれぞれの寮のイメージを分類するとこうなる。

 

グリフィンドール

超絶リア充。よくBBQとかやってそう。みんな彼氏彼女いて勉強もできる。で、非リアにも優しく、うまーいいじり方をする。就活で無双するタイプ。顔採用。

 

スリザリン

DQNの巣窟。目的のためなら手段を選ばない連中で、上下関係が厳しい。大学のときに僕が住んでいた寮はきっとスリザリンに近い。ある日寮に帰ったら、寮母さんに用意してもらった夕食のとんかつの真ん中が先輩につまみ食いされ、楕円形が新円になってた。まじスリザリン。

 

ハッフルパフ

モブキャラの集まり。心優しく和を重んじる日本人的。12人の優しい日本人。事なかれ主義。名前がもうヌルい。パフてww 化粧する時のスポンジやんけ。ちな僕の会社のイメージ(爆)

 

レイブンクロー

知らん。ガリ勉とか?

 

年々リア充がきつくなってきた

三十路を迎えた非リアはきっと共感してくれるはず。リア充と接すること自体がキツいのです。もちろん、リア充と会うと刺激的だし楽しくてよいのだが、元が非リアな僕にとっては最近なにやらもう気疲れがハンパない。

というのも、今週70人規模で開催されたBBQに参加したのですが、久しぶりに無理して知らない人とたくさん喋ったら激疲れまクリスティー。若い人も多く、グリフィンドールくらいウェーイwwしてる人もいた。もう頼みの綱の酒をあおって酔いに任せて喋っていた。でも微ウケ、みたいな。周りが爆笑取ってるなか、僕は微ウケくらいなもんで、あ、ワシのフィールドちゃう。と早々に気づいた次第。以前なら何とか話題を探して食らいついていくところですが、なんなら服脱ぐくらいは余裕でやっていた人間なんだが、もういいかな、てなった。僕ホントは深海魚の話とかしたいのに、知らない女の恋愛遍歴にうなずいてた。

ポジション的には屋敷しもべ妖精のドリーよドリー。あんまウケないからとりあえず肉と酒持ってくるみたいな、一応働いとくか、みたいな。ウィンガーディアムレビオーサ。

 

非リアといる時の心の落ち着き方といったら

で、気づけば僕非リアとばっか遊んでた。寮時代の男四人で酒飲んだりゲームしたりすることが多いのですが、この前四人でスナップ写真撮ったら昭和かな?ていうくらいにみんな微妙な笑顔でピースサインしてた。

やっぱえーわー非リアはえーわー。リア充に会わなくなったその時、人は意識高い高いと引き換えに安住の地を得る。

 

まとめ

そう言えばワシ営業職やった。リア充苦手とか言ってる場合ちゃうわ。

 

【実録】親父がマムシ酒を作っていた

今日は急に寒くなって関東では半世紀ぶりにこの時期に雪が降るかもしれないとか。で、僕はと言えば今日が祝日であることを忘れており、何の予定もなくのんべんだらりと布団でヒラメになっていた。

突然だが僕は爬虫類好きである。動物園なんかに行ったら爬虫類展示コーナーをじっと見ている。個人的にはピパピパがいる動物園に僕は一定の評価を置いている。そんな変温動物達も寒くなってきて冬眠に入る頃だろう。日本のヘビの代表格であるマムシも例外ではない。

 

親父がマムシ酒を作っていた

で、九州の田舎でちょっと山に入ればマムシに遭遇することがある。もう20年程前になると思うが、僕の親父も春先に山にタケノコ取りに入ってマムシに遭遇した。親父はそれを捕まえて酒にしようと試みたのである。

ちなみに僕の実家にはあらゆるゲテモノ酒があり、朝鮮人参からはじまりタツノオトシゴを漬けた酒まであり、知らない人が見たら「昔の中国人ですか?」と思うかもしれない。タツノオトシゴ酒は紹興酒が薄くなったような味がした。

 

マムシ酒の作り方はかなり簡単

ここでマムシ酒の作り方を紹介するが、まずはマムシを捕まえるところからである。捕まえる方法は割と簡単で、頭付近を靴で踏んづけて、首根っこを捕まえて一升瓶に頭から入れればそれでOKである。自分でスルスル入っていく。ちなみに咬まれると毒があり、そんなに強くはないというが即病院に行くのが懸命である。

 

工程①

マムシを捕ったらマムシ入りの一升瓶に水を7分目くらいまで注ぎ、呼吸をするために穴を空けたフタで栓をする。そうすると、水から頭を出しまさに鎌首もたげる状態となる。はじめに水を入れる理由は、酒にする前に老廃物を全て出させるためである。

 

工程②

だいたい一ヶ月くらい、マムシを放置するのだが、老廃物が出て水が汚れてくるため週一くらいで水を入れ替える。ちなみにその時もマムシはずっと生きている。

 

工程③

一ヶ月後、いよいよ焼酎の投入である。水を抜いたら度数の高い焼酎を10分目まで入れるが、この時にやっとマムシが絶命する。百薬の長である酒もマムシにとっては猛毒である。

 

工程④

そのまま栓をして1年以上放置。1年の間にマムシエキスが焼酎に染み出すが、色が透明なままなのが不思議である。これで晴れて自家製マムシ酒の完成である。

 

親父が犯した過ち

上記工程に沿って作業を進めていた親父だが、親父は途中の工程であろうことか絶対にやってはいけない過ちを犯した。工程②の段階で一升瓶を倉庫に放置したまま忘れてしまったのである。そして、親父がマムシの存在に気づいたのがその年の年末であるから大変である。実に10ヶ月の間マムシを水の中に放置していたのである。

倉庫で一升瓶を手に取ると、マムシは水を入れた時そのままの状態でおり、ゆらゆら揺すっても水の揺れに合わせて揺れるだけで、さすがに死んでいるように見えた。そして次の瞬間、一升瓶を揺すった手を滑らせ落下させた!当然一升瓶が割れ中からマムシが飛び出したが、バタバタバタバタバタ!!と暴れだしたのである!なんとマムシは生きていた。10ヶ月の間飲まず食わずである。

 

その後の顛末

さすがにかわいそうになり、いや怖くなったというのが正解だろう。再度マムシを捕まえた親父はすぐに元いた山に行き、マムシを帰した。ヘビの生命力は恐るべしだが、何とも言えない気持ちになる話である。こういった生命力の強さが、ヘビは執念深かったり祟るという迷信を生んだのかもしれない。余談だが、巳年の女性は水商売に向いているらしい。因果関係は不明である。

 

まとめ

マムシは、赤まむしドリンクなんかも市販されており精力がつくとされているが、なぜ親父がマムシ酒を作ろうとしたかは未だもって不明である。

 

「客引きはカス」「200%ぼったくり」というアナウンスが歌舞伎町で流れているらしい

いよいよ日本一の歓楽街である新宿は歌舞伎町のぼったくり規制が本格的になってきた。悪質な客引き行為への注意を促すため「客引きはカス」「200%ぼったくり」といった過激なアナウンスが定期的に放送されているという。僕はまだ聞いたことがないが、こんな感じらしい。

「歌舞伎町を楽しむ善良なる諸君。貴公は知っておるか? 客引きが全員ぼったくりであるということを。3倍どころではない。あえて言おう。やつらはカスであると。200パーセント!200パーセントぼったくりだ!ぼったくりの客引き、やらせはせんぞ!」

 

全員ぼったくりとはこれまた大きく出たなと思ったが、じじつそうなのだから仕方ない。客引きは「いい加減にしてくれ~」と泣いているという。おまんま食い上げもそう遠くないかもしれない。

f:id:kiichangazie:20161119141647p:plain

 

先日会社の後輩もぼったくられた

客引きにぼられたという話は僕の身近にたくさんあって、この前も会社の後輩が錦糸町で7万ぼったくられた。彼は泥酔状態で客引きの女に引っ張られて、記憶があいまいなままコンビニATMで2回も金をおろしたという。おそらくサービスのグレードが上がるに連れて追加Feeを請求されたのだと思うが、いかんせん本人が全く覚えてないというので真相は闇の中である。彼は笑い話にしていたが、7万である。高すぎる授業料に一人泣いたはずだ。

幸いにして僕はそこまで悪質なぼったくり被害に逢ったことはない。客引きに着いていったこともあるし、入店前の価格交渉に関してはそれなりに場数を踏んでいるが、実際に法外な値段を請求されたことはないのである。

 

巧みなキャッチフレーズについ笑ってしまう

で、夜に新宿、上野、神田あたりを男だけで歩いていると必ずキャッチが声をかけてくる。キャッチは己の口上だけでカネを生み出すプロであるからして、その話術は時に芸術レベルに昇華されていたりする。中でも一言で爆笑を誘うものもおり、僕は煩わしさ反面楽しんでいたりするのである。

「なでしこしこジャパンどうすか~?」

「扇風機キャバクラ始めました~」

「うちでしか取れないポケモン捕まえませんか~!?」

いやこんなん笑ってまうやろ。

ちなみに女性が仲間内に一人でも紛れていると一切声がかからない。ドラクエでいうところのモンスターとのエンカウント率を大きく下げる呪文トヘロスの効果を実生活で感じることができるのである。

 

この店は嘘つきだ!

僕はと言えば大きくぼられたことはないが、プチぼったくりには幾度となく遭遇している。まず、キャバクラ等の場合は女性の飲み代は大幅にノセられていて、それは延長等したらもう2000%そうである。50分4,000円ぽっきり!で入った場合はちゃんと50分で出ればよいが、延長した途端会計が不明瞭になる謎。また、カード支払い手数料が20%乗る場合があり、これは完全にぼったくりだと思うがキャッシュを持ってないから仕方ない。泣き寝入りしかないのだ。

また、居酒屋なんかでもプチぼったくりは横行しており、キャッチに「飲み放題800円!」という激安プランを提示されて4人でノコノコ入ったら、出鼻で「この店は嘘つきだ!」と悪態つきながら店を出るオッサンとすれ違った。

なんだったんだろう。。と訝りながら席に着くと「お客さんの帽子かっこいいですね!」なんて店員が言うもんだから「この店は嘘つきだwww」と返しひとしきり笑っていたところ、「お一人様必ず2品注文してくださいね」と来た。既に1軒目で相当食っていたため一人2品もマジでいらない。しかも単価が高い。枝豆700円とか。しょうがないので枝豆やおしんこみたいな軽いものばっかり頼むしかなかった。で、きっちりお通しで600円取られてた。一人総額3,000円弱。つまらん出費である。

 

トラブルに巻き込まれたら

ここで改めて書いておくが、そも客引き行為は全般的に違法である。風営法にはちゃんとこう定められている。

 

第二十二条  風俗営業を営む者は、次に掲げる行為をしてはならない。
一  当該営業に関し客引きをすること。
二  当該営業に関し客引きをするため、道路その他公共の場所で、人の身辺に立ちふさがり、又はつきまとうこと。

 

なので、もし怖い人に脅されるパターンに遭遇した場合、断じてビビッてカネを払うようなことがあってはならない。即110番。これが正着である。余裕があるならスマホのボイスレコーダで録音するのがよし。れっきとした恐喝の証拠を持ったら交渉カードになる。

まあ、僕の場合はそんなケースの時に酔っ払っているパターンが多いと思われ、有事の際は全く頼りにならないことが容易に想像できるのが悲しいところである。

これから忘年会シーズンに突入するが、どんなに飲んでも客引きには絶対に着いていかないようにしよう。

猫は人間のことを異様にデカい猫だと思っているらしいが本当だろうか

ネットを見てると猫の下僕として日夜メイドの如き働きで猫に忠誠を誓っている飼い主も多いが、僕は猫との関係は一定の線引きをしており、完全に主従関係を明らかにした上で接している。(つもりである)

とは言うものの、近頃寒くなってきて猫が毎日夜布団で一緒に寝てくれる。この喜びは猫飼いにしか分かるまい。僕の猫を選ぶ基準はそもそも一緒に寝てくれるかどうかであり、これだけ書くとどんだけ体目当てだよというツッコミを想定するが、そう考えた人はもう少し大人になるべきだろう。何にせよ、一緒に寝ている時の猫のゴロゴロ音に日々の疲れを癒されている毎日である。

f:id:kiichangazie:20161113014124j:plain

 ※安らかに眠る猫はさながらツチノコの様相をていしている。

 

無駄にデカい猫、でも敵じゃない

さて、本題だが、猫は人間のことを異様にデカい猫だと思っているという説を聞いたことはないだろうか。最近発表されたイギリスの何やら偉い学者の研究では、猫達は飼い主を「無駄にデカい猫、でも敵じゃない」と思っているそうである。猫に猫と思われているとは何とも心外な話であるが、その理由をみてみよう。

 

猫は家畜化の程度が低い?

偉い人の研究の話では、猫は犬なんかと違い、人間の手助けをするような目的で繁殖されたものではなく、見た目重視で品種改良が重ねられた存在であるからして、家畜化の程度が低いということである。よって、野生の血が濃く流れているから人のことを猫と認識するだと?いや論理の飛躍があるでしょ。

野生の血が濃かったらこの写真のようにバカなことをするだろうか。ウイスキーのケースに頭を突っ込んで寝ているのだが、こんなところを野性の鷹なんかに狙われたら一発アウトである。

余談だが、カブトムシを捕まえる時、木にとまったカブトムシが逃げたことがない。「その時用の羽ちゃうんけ!」と思うのだが、それが王者(ムシキング)の風格なのだろうか。

f:id:kiichangazie:20161113014131j:plain

 

また、猫が飼い主の手足にすり寄る行動は、その飼い主をはっきりと猫として扱った上ではっきりと親愛の情を示す方法なのだという。確かにうちの猫は僕がどこに行くにも追いかけてきて半ばストーカーと化しているのだが、それが猫と見なされていることに繋がるだろうか。

そしてなぜかいつもPCに乗って邪魔してくるのはなぜだろうか。

f:id:kiichangazie:20161113014146j:plain

 

じゃあ以下の行動はどう考えればいい?

上記の通り猫が僕のことをデカい猫だと思っている問題については異を唱えているのだが、それを裏付けるのが以下の写真である。

うちの猫はどんなことがあっても僕に対して本気で怒ったりしない。昨日だって金曜ロードショーの紅の豚のエンディング曲に合わせて猫をリズミカルに触ってみたのだが、嫌な顔をして噛みついてはきたがあくまでも甘噛みであり、本気でキレたりはしなかった。

猫が本気でキレると「ハァー!シャァー!」と一説によると蛇の真似をするかのような威嚇音を発し、本気で飛び掛ってくるものである。

以下の写真はゴールデンウィークに実家に猫を連れ帰って、実家猫に合わせたシーンであるがご覧の通り耳を伏せ「ハァー!」と威嚇をしていた。この反応をするところを僕はこの時しか見たことがないため、明らかに猫は猫に対してのみ本気でキレているということになるのである。

f:id:kiichangazie:20161113014621p:plain

 

うちの猫は僕のことを猫だとは思っていない!

猫は猫に対してのみ反応が変わる、よって僕は断じてデカい猫などと思われていないことがお分かり頂けただろうか。では何だと思われているのか。結論を言えば下僕だろう。毎日餌を用意し、トイレ掃除をし、おやつを与え遊んでやる。これを下僕と呼ばず何というか。でも、少なくとも主従関係ではなく友情関係くらいに思っていてほしいものである。

 

 余談 キジトラ模様は猫の祖先のデフォルト模様である!

僕の猫はキジトラ模様をしているが、これはイエネコの中で最も多いパターンであり、そのルーツはイエネコの祖先リビアヤマネコに遡る。リビアヤマネコはキジトラパターンである。1,300年前の平安時代頃に唐から日本に連れてこられた猫がリビアヤマネコだったため昔の猫はキジトラばかりであった。そして、猫が人間と共生し始めたことで天敵から身を守る必要がなくなり、突然変異の白や茶や黒の猫が野生で死なずに生き残った。今のバラエティ豊かな猫の模様は言わば平和の産物というわけだ。

で、巷ではキジトラ猫は野生の血が残っていると言われているが、僕はそれも違うと思う。今日も自転車で家に帰っていたら以下のキジトラ猫達に遭遇したが、全く逃げるそぶりもなく、うちの猫同様野生感は皆無であった。

 

f:id:kiichangazie:20161113014141j:plain

 

したがって、猫が人間に慣れるかどうかに模様は関係なく、生後間もない期間に人間と触れ合う機会が多いかどうかが人馴れを左右する唯一の要素であるというのが僕の持論である。

f:id:kiichangazie:20161113014120j:plain

 ※目つきは鋭いが、めちゃくちゃ人懐っこい猫だった。