キジ猫世間噺大系

一人暮らしで猫を飼った男の末路

俺的ゲームオブスローンズ最凶クズキャラランキングTOP10

この記事をシェアする

史上最高の海外ドラマであるゲームオブスローンズが完結してしまった。
エロいと聞いて観始めたはずがいつしかゲースロの複雑なプロットにどっぷりとハマりアリア頑張れとかボルトンタヒねとか言いながらとても楽しい時間を過ごさせてもらった。最高に楽しいドラマなのだが、いかんせんクズキャラが多すぎるので個人的に一度整理してみたいと思い筆を取った次第である。

 

以下、超ネタバレ交えるのでまだ観てない人はまじでブラウザバックしてください。大事なことなので2回言いますが、ネタバレするとまじで面白さ半減するので決して読まないでください。ちゃんと言いましたからね!

 

10位 ロビン・アリン

f:id:kiichangazie:20190526181240j:image

小学生くらいの年齢なのに母親に授乳されながらの登場というセンセーショナルな登場を果たしたチュパ君は、月の窓から人が飛ぶところを見たがるナチュラルボーン・サイコパスだ。「人が飛ぶところがみたい~!」と癇癪を起こすコイツが高巣城の城主になるのだから世襲制はまじで終わってると言わざるを得ない。また、子が子なら親も親であり、チュパ君の母親であるライサ・アリンも身近にいそうなヒスモンペであり手の施しようがない。この調子じゃ人格者のように語られる親父のジョン・アリンもろくな躾をしてないわ。勘弁してくれ。

 

9位 ロブ・スターク

f:id:kiichangazie:20190526181249j:image

自称若き狼だかなんだか知らねーが、コイツのプライドの高さと身勝手な行いにはホトホト飽きれる。コイツの悪行と言えば何といっても双子城のフレイ家との縁談を反故にし、他の女と勝手に結婚したことであろう。戦時中なのだからそんな身勝手な行いは慎むべきだ。ただ、コイツの最期には同情を禁じえない。最期の回「キャスタミアの雨」は、試聴した外人達の驚きの様子がYouTubeに上がっているくらい衝撃的なものであった。

 

8位 シオン・グレイジョイ

f:id:kiichangazie:20190526181429p:image

作中最も悲惨な境遇を辿る男であるシオンも、元はと言えばコイツの裏切りから始まった身から出た錆である。鉄諸島の嫡男だか何だか知らないが、ウィンターフェルにロブが不在中に変な色気さえ出さなければあんなことにはならなかったのだ。何の策もなく取りあえず少人数で城を占拠するなど馬鹿にも程があるというものだろう。そもそもコイツはスターク家で一緒に育った兄弟同然のブランとリコンを殺そうとしてるので救いようがない。殺してしまったら人質にもできないではないか。でも、大事にしていたオモチャを取り上げられて号泣するシオンは哀れで見るに耐えなかった。

 

7位 ジェイミー・ラニスター

f:id:kiichangazie:20190526181349j:image

最も愚かなラニスターとして自他共に認める存在であるこの男が、そもそもの争いの発端である。話が進む毎にどんどんいい奴になっていくように視聴者はミスリードを誘われるが、コイツは常に行き当たりばったりで後先考えずに行動してきただけである。無策でブランを突き落とす、無策でティリオンを逃がす、無策でドーンに乗り込む、金の義手のままデナーリス軍を突破しようとする。そりゃ、右手も失うわ。初期のコイツはそれはそれは傲慢不遜の権化であったが狂王から王都を救ったのは確かだ。しかしそれも後先考えずに行動した結果であろう。

 

6位 シェイ

f:id:kiichangazie:20190526181438j:image

コイツだけはもう本当に勘弁してほしい。見てて本当に胸が痛かった。ティリオンを愛してたのは本当だったのかどうなのかまじで分からない。人間不信を誘うこの女だけはちょっとキツい。「獅子様~」じゃねーわ!大人しく金もらってエッソスで裕福に暮らせばいいものの、ブチギレて裁判で偽証するわ、タイウィンの手先だわでほんとティリオンがかわいそうだった。

 

5位 ジョフリー・バラシオン

f:id:kiichangazie:20190526181441j:image

ベスト・オブ・マスト・ダイ!なんでコイツはこんな育ち方をしたのか。まだロバート王がいた時は、アリアと喧嘩した時に「女に剣を取られるとはな・・」といった感じでそれなりの帝王学を教えられていたように見えたが、ロバート王がイノシシに殺されて以降は暴虐の限りを尽くした悪童と化していた。こいつこそ狂王であろう。若い内に殺されたにも関わらず、殺されて当然と皆に思われる稀有な存在であった。ちなみにジョフリー役の役者はもう俳優業を引退したらしいのだが、これほどまでに憎まれ役が板に付くとは最高の役者だったと思う。

 

4位 ラムジー・ボルトン

f:id:kiichangazie:20190526181516p:image

残虐の限りを尽くしたこの男、最初はいい奴風に見せかけて突如豹変するタイプのクソサイコ野郎である。シオンを去勢した挙句リークという従順な性格に洗脳していくというメンタリストDaigoもビックリな離れ業をやってのける。親父のルース・ボルトンの前で、シオンの従順さを示すためにカミソリで髭を剃らせた時は「シオン、今だやれー!!」とこぶしを握ったが、本当の玉なし野郎になっちまったシオンは何もできず。そしてラムジーは戦闘能力が相当高く、裸一貫でヒャッハー!できる実力者であるところも怖さを助長する。

 

3位 デナーリス・ターガリエン

f:id:kiichangazie:20190526181546p:image

デナちゃんはまじで調子に乗りすぎです。ドスラク人に売り渡された時みたいに大人しくしておけばよかったのに、自らを救世主だと勘違いして作中最悪のヴィランと化してしまった。デナちゃんを支持してきた僕もあの時ばかりは「やっぱターガリエンはクソだわ・・」と呟かずにはいられなかったからね。デナちゃんのやり方で一番怖かったのは、ドラゴン無双ではなくミーリーンの親方達を閉所に閉じ込めたところ。あれはまじで残・酷!でもね、デナちゃん役のエミリア・クラークは実によい。エミリアのこのYouTubeまとめは飾らない人柄がよく出ててファンになりました。

 

2位 ジョン・スノウ

f:id:kiichangazie:20190526181554j:image

無能of無能であるこの男は、戦闘はかなり強いが政治力が皆無という源義経みたいな男である。何でもかんでも馬鹿正直に判断して融通が利かないコイツの性格が取り返しのつかない色んな事態を引き起こすのである。また、戦闘が強いというのも今となっては甚だ疑問である。夜の王との対決では無策で死の軍団に突っ込むし、デナちゃんを放置するし、ちょっとヴィセーリオン(敵に奪われたドラゴン)の前に出てみては引っ込んでみたり、なぜか火を噴くヴィセーリオンに向かって「オオー!」とか雄たけびを上げたり、謎行動が目立ちかなり笑える。こいつが鉄の玉座の正統な後継者とか言われてるけどこんな奴が継いだ日には七王国も終わりであろう。

 

1位 タイウィン・ラニスター

f:id:kiichangazie:20190526181600j:image

栄えある1位はタイウィンである。あまり表に出てこないためコイツの最悪さ加減はあまり知られていないように思えるが、色んな策略で裏で糸を引いていたのはコイツである。巷ではリトルフィンガーこそ策略家のように言われているが、タイウィンはまじでやばい。狂王の王の手時代にめっちゃ虐殺とかしてるし、ロブ・スタークをハメたのもコイツだし、自分の息子を憎んでるし、戦では後から参戦してきて勝ち馬に乗るしで、極悪人なのである。そして、超有能。実は見た目がめちゃくちゃカッコいいし、貫禄もあるしで、作中屈指の極悪人だがカッコよすぎて1位にした感もあり。タイウィンが王になれば色々捗ったんじゃないかと思う次第。便所で殺されるという死に方もよかった。

 

番外編① イリーン・ペイン

f:id:kiichangazie:20190526192729j:image

番外編として追加で2人紹介したい。コイツらはどういう事情か分からないが途中で謎の失踪を遂げた男たちである。キャラ失踪という作品として最悪な末路を辿ったためここにノミネートする。イリーン・ペインに至っては王家の首斬り役人であり、アリアの殺すリストにも入っていたにも関わらず忽然と姿を消してしまった。喋らないキャラだったが故にマウンテンロボにお株を奪われた格好か。

 

番外編② ダーリオ・ナハリス

f:id:kiichangazie:20190526192741j:image

生首を携えて颯爽と登場し、戦闘能力もかなり高くデナちゃんのお手つきでもあるこの男、実は途中で役者変更している。比べてみるとご覧の通り全く異なるので笑える。髪の長さから違うというね。コイツも結構活躍してたのだがいつしか姿を消してしまった。調子に乗りすぎてデナちゃんの怒りを買いドラカリスされてしまったと見るのが自然か。

 

終わりに

ほんとはサーセイとかサンサとかウォルダー・フレイとかハイスパローとかも入れたかったけど、他で散々言われている人に敢えて鞭打つ必要なしと思って独自のランキングを作ってみた。それだけゲースロロスが半端ないということなのです。ということで僕は3周目突入します。

↓このゲーム超気になる。。