キジ猫世間噺大系

一人暮らしで猫を飼った男の末路

セグウェイガイドツアー体験レポ!本当に9千円の価値があるか検証

この記事をシェアする

スポンサーリンク

 バンジージャンプかセグウェイか、生きていると時折なぞの二択に迫られることが往々にしてある。今回も大学時代の先輩から「いろいろな贖罪の意味を込めてバンジーせよ」との謎の指示があったが、そこはもうお互い社会人なので、いやいやいやいやとか言ってモリカケ問題よろしくずるずる先延ばしにしていたらいつの間にかセグウェイをすることになってました。

 

セグウェイとは?

もう説明不要だと思いますが、立ったまま乗れる電動二輪車で、歩くことさえ拒否しはじめた人類の堕落の象徴、ということはなく、誰でも直感的に操作できる気持ちい乗り物です。
アクセルやブレーキがなく、全て体重移動だけで操縦できるので、乗るとセグウェイと一体になった感じ。最高速は30kmで、原付の法定速度とおんなじくらい出る。

 

東京近郊でできる場所は?

セグウェイは実は日本では決められた場所でインストラクターの下でしか乗れない乗り物で、認可を受けた場所に訪問する必要があります。時たま見かけるセグウェイ風の乗り物に公道で乗ってる人達はみんな違法らしい。今回は立川にある国営昭和記念公園にまで足を運んだ。ツアーの場所ごとにいろんな特色があって、昭和記念公園では広大な園内のスポットを巡る季節感あふれるツアーが楽しめるのです。

 

昭和記念公園ツアー概要

所用時間:2.5時間
ツアー時間 :1回目 10:00~12:30、2回目 14:00~16:30
最大参加人数:6名
料金 :9,000円

え、ちょっと待って、9,000円!?2.5時間で9K!?
我が目を疑いましたが紛れもなく9K。9Kあればディズニーランド行けるやんけ。しかも一日楽しめるやんけ。。しかし男に二言はない。
「カネは高かったけどもう一回乗りたい自分がいる」というネット上の感想を信じて朝早く起きて立川まで向かったのであった。以下、レポします。

 

まずは練習から

全員集合すると事務室的なところに通されて説明を受ける。酒飲んでませんとか、人の話はちゃんと聞きますとか、よく見る制約事項の書面の項目にチェックを入れてサイン。名札を渡されて自分が呼んでほしいニックネームを書くんだけど大学1年生の初めの授業みたい。事務手続きと説明が終わればいよいよ練習開始。


ナウシカのメーヴェにも乗れそうな風使いの女性インストラクターと、ウエンツよりちょっとカッコいいくらいのイケメン外国人サポーターが指導に当たってくれる。囲いの中でセグウェイに立つところから、ちょっとスピードを出して止まるところまで練習。立ってみると結構目線が高い。自動車教習所みたいにジグザグ走行してみたり、ピタッ止まってみたり。

 f:id:kiichangazie:20171021181951j:image

 た、楽しい。。少しの体重移動でクルッと方向転換できたり、少し前かがみになるだけでスピードが出る!これはラクチンですわ。感覚としてはまるで自分の身体が浮いているよう。
練習時間が割りとあるんですが、早くぶっ飛ばしたい!自由に乗せてくれ!とはやって落ち着かなかったまじで。

 

いよいよ囲いの外へ出るよ!

さあ練習が終わっていよいよ外界へ。ドラクエみたいに一列になって出発です。風が気持ちいい、公園だから空気がうまい。この時点で、今日来てよかったと思い始める。インストラクターからは無線を通じて周辺の解説やトリビアがアナウンスされ、知的好奇心も満たされる。
なお、昭和記念公園にはセレブ犬がかなり散歩に来ており、それらの犬を轢かないように安全運転に努めなければならない。入園料450円する公園で散歩してる犬。それはすなわちセレブ犬です。

f:id:kiichangazie:20171020193311j:image

 

この静かな湖畔には鴨や鯉が集まってきていて、中でも白い鯉が見れたらラッキーとのこと。そしたらいましたよ、黒い鯉に紛れて白いのが。なんたる僥倖。

f:id:kiichangazie:20171020193329j:image

 

魅惑のハーブガーデン

多種多様なハーブが植えられているハーブガーデンへやってきた。

 f:id:kiichangazie:20171021182012j:image

 

ここに植えられているハーブを触って匂いを嗅いでよい。ミント系や柑橘系もよかったけど、一番衝撃だったのがカレープランツ。周りがカレーの匂いがやべぇ!と騒いでて、いやいやwと思って嗅いでみると紛うことなきカレー臭。びっくりするくらい完全に再現されてた。こんなものが自然界にあるとは・・

 f:id:kiichangazie:20171021182046j:image

 

昭和記念公園の主と遭遇

ハーブガーデンの近くにいるのがこのジローという猫。かなりの老猫だがかなり慣れてる。全く警戒してなくて全然触らせてくれる。昭和記念公園に生息する猫は7匹くらいおり、ちゃんと登録されており、餌もちゃんと毎日出る。ここの猫達はまさに天国に住んでるのだ。

f:id:kiichangazie:20171021172036j:image

 

 いざ大ケヤキへ

かくして一向は大ケヤキを目指していく。高さ20mの大きな木は昭和記念公園のシンボル。これまではアスファルトの上を走っていたけどセグウェイはこのように芝生の上でも関係なく進める。

f:id:kiichangazie:20171020193448j:image

 

皆で大ケヤキを見上げるが、6人で何かの儀式でも始めそうな塩梅である。

f:id:kiichangazie:20171021172307j:image

 

 日本庭園で抹茶で一服

ツアープログラムの中には日本庭園での休憩が含まれていて、立てた抹茶と季節の和菓子がいただける。

f:id:kiichangazie:20171021171801j:image

 

 和菓子はこんな感じで「俺、今贅沢してるんじゃね?」と思った。

f:id:kiichangazie:20171021214220j:image

 

セグウェイはとにかく注目される

公園内を走ってると、通行人からめちゃくちゃ見られて声をかけられます。「カッコいい~」とか「楽しそう~」とか。その度に我々はセグウェイスマイルと呼ばれるニヤけ顔兼ドヤ顔で手を振ります。

f:id:kiichangazie:20171021214945j:image

 
なかなか道行く人に注目されることなんてないもんだから、これはこれで新鮮な体験。なんてったって9,000円払ってますからね。銭コロさえ払えば誰でも注目されますよ!

 f:id:kiichangazie:20171021171908j:image

 

季節の植物を堪能できるのも大きな魅力。この日は9月でコスモス畑が華やかだった。

f:id:kiichangazie:20171022095659j:image

 

まとめ

いやー、かなりおもしろかったですよセグウェイ。セグウェイ自体のエンタメ性も高いんですが、それに加えて自然豊かな公園でいろんなところに行けて、都度解説もあって、五感を刺激される要素がギュッと詰まった2時間半でした。

2回目参加以降は1,000円OFFになることもあって、季節ごとに割とリピーターが多いらしいです。ちなみに9,000円払ってでもまたセグウェイに乗りたい自分がいるという衝撃is Big!都心からでも少し離れたらセグウェイできるところがいくつかあるので、皆さんも是非おためしあれ!