キジ猫世間噺大系

一人暮らしで猫を飼った男の末路

猫砂は木質ペレットが攻守共に最強!だがおから、テメーはダメだ

この記事をシェアする

スポンサーリンク

世の猫飼いにとって、猫砂のセレクトは大きな問題である。

こと、勤め人の一人暮らしの場合は、できるだけ掃除の手間を省くことが至上命題なのである。これはそんな男の猫砂選びの話。

 

 掃除の手間を省くためにはシステムトイレが至高

猫用システムトイレとは下記のようなものであり、僕はまさにこれを使っているのだが、容器が特殊な構造で猫砂の下がすのこになっており、オシッコだけすのこの下に敷いてある吸水シートに落ちるようになっている。これにより、オシッコの掃除が1週間に1回で済む、かなりの優れものなのだ。

確かに優れものなのだが、上部の猫砂はなくなったら補充しなければならない。猫を飼う上でのコストは、エサ>猫砂>おもちゃの順でかかってくる。このシステムトイレも純正の猫砂が販売されているのだが、純正品が高いのはどこも同じで、賢く選ばなければ猫砂代も馬鹿にならないのである。

 

猫砂選びのポイントとは 

必然的に僕もあらゆる猫砂を試すことになった。

ちなみに猫砂にもいろいろなものがあり、まず大粒と小粒に分けられる。大粒の方が散らばらないため掃除がしやすいが、一般的に猫は小粒の方を好むと言われており、大粒に替えた途端布団に粗相されたという話もよく聞く。が、幸いにもウチの猫には関係ないことであった。大粒でも関係なくしている。

また、トイレに流せるかどうか、という点でも分かれる。トイレに流せる場合かなり掃除が楽である。が、猫の糞は水に溶けないため、最終的に暮らし安心クラシアンの世話になると方々から聞いた。事実、僕もトイレを詰まらせ、スッポン(ラバーカップ?)でなんとか事なきを得た。

 

おからの猫砂の功罪

いろいろ試していく中で、最悪なのはおからの猫砂であった。

エレガントフローラルの香りとかいうその猫砂の脱臭性は皆無であった。大の方はすぐに片付ければいいのだが、小の臭いが取れない。ちなみに猫の小の臭いは半端ではなく、一度でも布団や服に食らったら即破棄を余儀なくされる。

おからの猫砂を掃除する時はそれはもう大変だった。もはや刺激物の域であり、くさい通り越して目が痛い。理科の実験のときに刺激物は手で扇ぎながら嗅ぐようにと習ったが、そんなの関係なしにダイレクトに来る。ゲロ以下の臭いがプンプンするのである。

 

僕の友人が風俗に行った時、写真と全く異なる嬢が出てきて「フォトショを作った奴は神の裁きを受けるべき」と言っていたが、僕もおからの猫砂に同じことを思ったからね。全然エレガントでもフローラルでもないやん!

全てのおからの猫砂を試したわけではないが、僕の買ったやつはこんな感じだった。

 

 木質ペレットはぐう使える!

最終的に僕が買う猫砂は、猫砂じゃないものに落ち着いた。

この木質ペレット、本来はストーブの燃料に使うものなのだが、水に濡れると粉々に崩れ、脱臭効果があり、猫砂に最適なのだ。特筆すべきはなんと言ってもその安さ!僕は22kgの木質ペレットを1,980円でAmazonで購入した。

でっかい麻袋で届けられたのだが、送料無料で配達の人がただただ気の毒ではあった。

 

いいよ!木質ペレット。安いから少しでも汚れたところを躊躇なくガンガン捨てられる。大粒の猫砂でも問題ない猫だったら即買いの代物です。是非お試しあれ。

 

という訳で少しまじめな猫砂レビューでした。猫飼いの人のアクセス増えるかな?

ワクワク。